賃貸住宅には利点と欠点がありますが、家族構成や時代の流れにより、大きく左右されると思います。

賃貸物件の経営の方法には二つあります

賃貸住宅の利点と欠点

賃貸住宅には利点と欠点があります。まず、利点は税金や修繕費がかからないということが大きいです。また、家族構成により引越しも臨機応変にすることも可能ですし、家族の勤め先などによる、引越しもそれほど大変ではありません。高齢者にも家の周りの掃除や、雪国だったら雪はねも賃貸は持ち家よりは楽だと思います。家族が増えたり、減ったりしてもそれに合わせての住まいを選択して快適に過ごすこともできます。

欠点は家賃は戻ってこないので、とてももったいないと感じることもありますし、住み心地のよい賃貸は高額ですし、安いとそれなりで、いつも住まいに対する不満が湧いている状態が続きます。割り切らないといつまでも精神的に落ち着きません。2年ごとの更新や敷金の支払いは引越しの度にかかりますし、安い物件に住まないと建築費用もなかなか貯まりません。賃貸だと地域との関わりが持ち家よりは薄い感じもあります。

とはいえ、住まいの価値観は家族の年齢によっても変わってきます。子供が小さく、どこへでも引越し可能な時は賃貸の方が便利なこともありますが、ある程度の年齢になると、子供の地域との関わりも深くなってきますし、そうなると家を建てて落ち着いた方がいいかもしれません。

関連情報

Copyright 2017 賃貸物件の経営の方法には二つあります All Rights Reserved.