賃貸で分譲マンションは日ごろのメンテナンスもしっかりしており、電球などもすぐに交換してくれるようになっている

賃貸物件の経営の方法には二つあります

賃貸で分譲マンションは便利なシステムがある

分譲マンションは組織化された管理組合が管理会社と契約を交わすため、日常のメンテナンスは滞りなく遂行されます。そしてもしも共用廊下の電球が切れても、直ちに交換されることになっています。その点賃貸は大家さんしだいです。そして、サービスも昨今増えた大規模マンションであれば24時間有人管理は当たり前で、共用施設もパーティルームやラウンジなどが用意されている物件も珍しくはないです。そして区分所有者ではなくても基本的に同等の利用権があります。ですが分譲の有利な点は対象住戸が月額賃料100万円超クラスの高級賃貸となると、完全に逆転し、まず建物のグレードは売値と原価の関係でものきめをする分譲マンションの比ではありません。

わかりやすいところでいうと、設備機器などは全部世界一流メーカーでそろえられます。そして決定的なのは住戸の広さで、分譲マンションであればせいぜい80〜100平米が大きめであるのに対して、超高級賃貸は100〜200平米台クラスが中心です。そして上は300〜500平米まで用意されているケースがざらです。また管理サービスも同じことが言え、超高級賃貸だと大抵バイリンガルのスタッフがフロントに立ちます。

Copyright 2017 賃貸物件の経営の方法には二つあります All Rights Reserved.