賃貸で仲介手数料が発生するかは、不動産会社の善意によって決まることではなく、しっかり宅建業法で決められている

賃貸物件の経営の方法には二つあります

賃貸で取引様態の違いは仲介手数料に表れる

賃貸物件を借りるとき不動産会社がどのような立場にいるのかを確認する時には取引様態を見るといいです。そして、取引様態は貸主、代理、仲介の3種類あり、これらの違いは一体どこに影響するのでしょう。一番の違いは仲介手数料の有無で、貸主は自分の物件を貸主にかしますから、間に仲介する方がいなく、もちろん仲介手数料は発生しません。その一方で仲介は仲介することが業務であり、仲哀手数料は発生します。そして代理のときは、貸主の代わりを務めて仲立ちをしますから、原則的に仲介手数料は必要となりますが、貸主との取り決めによっては不要の時もあります。そして、宅建業法出は第46条に宅地建物取引業者が宅地あるいは建物の売買、交換または貸借の代理または媒介に関して受けられる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによると定められています。

そして、本来仲介会社が受け取る報酬額は依頼者双方の合計で1.05か月分で貸主からも借主からもそれぞれ2分の1ずつもらうはずですが、当該依頼者の承諾を得ていると2分の1を超えてもいいと理解でき、現状だとその報酬額を借主が全部負担しているといったことが通常になっています。そして現状借主の初期費用には仲介手数料1か月分が必要になってくることが多いですが、将来的に空室増加で、借主の力が強くなっていくと、貸主の仲介手数料負担割合が増加していきます。

関連情報

Copyright 2017 賃貸物件の経営の方法には二つあります All Rights Reserved.