賃貸住宅を探す現地調査時のポイントは周辺の環境調査ですが、自分の足で確かめることが大切です。

賃貸物件の経営の方法には二つあります

賃貸住宅を探す現地調査時のポイント

大きな競争率の大学入試を突破でき、就職だって大手企業に一発で就職できました。社会人としてのスタートは自分の城である住宅探しから始まりました。そのときの体験を基にして、賃貸住宅を探す現地調査時のポイントをご紹介いたします。移り住むべき賃貸住宅物件のめぼしがついたら現地調査が必要です。そこでの生活の快適さは、この現地調査にかかっているので、ここは気を引き締めてしっかりと臨みましょう。

まずは現地周辺環境のチェックです。これは車の中からの観察だけではいけません。車を降りて、実際に自分で物件の周辺を歩いてみる必要があります。このときにひとつ注意点があります闇雲に歩いていては疲れるだけです。チェックリストをエクセルなどで作成し、5段階の評価テーブルで周辺の環境評価を行います。

チェック項目はチェックリスト作成者により変わりますが、周辺環境に関するチェックリストですから、自ずからチェックすべき項目は限られてきます。例えば、周辺の交通量、騒音、買い物、学校、病院、市役所、消防署、コンビニなど数え切れないくらいに項目をあげることができます。5段階表示で、最終的には合計点で候補を絞り込むのですが、客観的な判断をするのに有効なんです。賃貸住宅を探す現地調査時のポイントは自分の足で確かめることです。

Copyright 2017 賃貸物件の経営の方法には二つあります All Rights Reserved.