自分の住まいを賃貸に活用する際は借主や仲介不動産屋などとのトラブル回避をするための研究学習が欠かせないこと

賃貸物件の経営の方法には二つあります

自分の住まいを賃貸に活用する際はトラブル回避の研究を

賃貸の住まいは最初からそのような目的で建造された建物ばかりとは限りません。なかにはもともとは分譲など購入型物件でその所有者が長年の間住み続けていた住まいもあります。しかし事情でそこに住めなくなって空き家状態となってその有効活用のために利用されているケースもあります。そのような空き家対策の一環として活用されている住まいの場合は貸主は賃貸業の商売としてはド素人そのものであることに変わりはありません。

そのようなド素人の貸主が自分の住まいを賃貸に活用する際には最初からそのような目的で商売をする場合に比べてそれ以上に気を付けて詳細に事前学習や研究をしないとならないのは言うまでもありません。というのはまず事前学習や研究をしていないと借主や仲介不動産屋などとのトラブルが多発するためです。特に気を付けるべき点は家賃の未回収と原状回復義務についてです。未回収が続いた場合には如何にして円満に契約を打ち切って追い出せるかを模索しないとなりません。いきなりの強制追い出しはやはりトラブルになります。また原状回復については退去時に元に戻すということになっていますがクリーニング代や新品交換費用で多額の費用を請求されるというトラブルが後を絶たないのです。そのため細かい点について行政が定めたガイドラインを充分に調べて研究をしないとなりません。また仲介不動産屋さんに任せ過ぎると無知のために毎月の仲介料を過大にとられたりやはり借主との間でトラブル可能性を大きくします。さらに建物自体が分譲のために自治会あるいはマンション管理組合との規約を充分に把握しておき、それを契約内容に文章として細かく記載する努力を要します。それをしていないといきなり借主が細かい点で周辺住民との間で揉めるし、その矛先は借主と周辺住民双方から目を向けられてしまうのです。

関連情報

Copyright 2017 賃貸物件の経営の方法には二つあります All Rights Reserved.