敷金や礼金がないと宣伝している賃貸物件は本当に安い金額で契約が出来るのか、また敷金・礼金の意味

賃貸物件の経営の方法には二つあります

敷金・礼金がない賃貸物件とは

賃貸物件を契約するとき、敷金と礼金を支払うことが多いと思いますが、中には敷金・礼金の意味を理解していない人もいる様です。敷金とは退去するときに借りてた部屋に傷を作ってしまったり、破損してしまったりした部分を修繕するのに使われるお金です。部屋をきれいに使うことで、修繕の必要がなければ戻ってくるお金なので、保証金と呼ばれることもあります。次に礼金ですが、このお金は物件を紹介してくれた不動産屋や大家さんに支払われるお金なので、戻ってくることはありません。

そして、敷金・礼金がないと宣伝をしている不動産屋や賃貸物件は、その他の部分でも徴収金が多く設定されている様です。入居時は安く契約が出来るかもしれませんが、退去時は部屋に傷がなくてもクリーニング代として敷金と同額くらいのお金を請求されるそうです。これは契約時にちゃんと説明がありますが、退去時に支払いが発生してしまうので、負担は変わらない様です。また、短期間での退去は違約金として別途支払いをしなければいけない場合もあるので、初期費用や退去時の費用を計算して契約をする必要があります。入居から退去までの費用を計算すると、敷金と礼金を支払った方が安く済む事も多い様なので、不動産屋とよく話し合ってみて下さい。

Copyright 2017 賃貸物件の経営の方法には二つあります All Rights Reserved.