一人暮らしはワンルームなんてもう古い??1LDKの様な広々賃貸を選ぶ人が急増しています。そのメリットは?

賃貸物件の経営の方法には二つあります

一人暮らしでも広々賃貸に住むメリット

一人暮らしと言えば、ワンルームや1Kというイメージありませんか?しかし最近は、一人暮らしでも広い部屋を希望している方が増えてきています。果たして1LDKや2DKの様な広々賃貸のメリットとはいかがなものでしょうか?ワンルームタイプの様なアパートって細長い造りが多くありませんか?それだと家具や家電の配置がしにくかったり、ゆっくり体が休まらないという声をよく聞きます。その点、広々とした部屋なら、家具の配置にも困らないしのびのび過ごせます。友達も呼びやすく、楽しみが増えます。また、狭い物件だと、キッチンと部屋の距離も近く料理の匂いが充満しやすいです。一見広さがある様に見える1Kでも中途半端なスペースはデッドスペースになりかねないので、キッチンをしっかりとってある1LDKタイプは特にオススメです。

次に、少しでも廊下があると玄関から部屋が丸見えにならずに助かります。特に女性の一人暮らしは物騒ですので、配送業や営業の人が来るであろう玄関から生活感が見えないのが理想です。他に広い賃貸は、洗濯機置き場も室内にしっかり確保されている事が多いです。外にあると騒音を気にして夜は洗濯出来ませんし、洗濯機の寿命も早まります。生活用品を家に収められる、そのスペース確保が重要でしょう。

Copyright 2017 賃貸物件の経営の方法には二つあります All Rights Reserved.