賃貸物件のメリットの一つがコストです。分譲物件に比べて初期費用が格段に安く済むので気軽に入居できます。

賃貸物件の経営の方法には二つあります

賃貸物件のコスト的なメリット

賃貸物件にしようか分譲にしようか迷う方がいます。賃貸の魅力はなんといっても入居費用が安いというところです。分譲住宅の場合にはさまざまなコストがかかってしまいます。入居時には巨額の頭金が必要で、少なくとも物件価格の2割は支払わなくてはいけません。その上にさまざまな税金類が加算されます。不動産取得税や登録免許税など合わせるとかなりの額になるでしょう。更にはローン保証費や火災保険、団体信用生命保険などさまざまな必要経費もかかってきてしまうのです。こうしたトータルのコストを考えると分譲住宅の入居費用はかなりの額になってしまうと言えるでしょう。一方貸家の方の初期費用といえば、敷金と礼金くらいです。

礼金は大家さんに支払うお礼のお金ですが、敷金とはいわば預り金で退去時に返還されるはずのお金です。あとは一ヶ月分の家賃のみでそれくらいの入居費用で入居することができるのです。こうした、初期費用の安さが、貸家物件の大きな魅力になっています。こうした物件の中にはマンションやアパートだけでなく、一戸建ての物件もありますので、初期費用を抑えながら、マイホーム感覚を味わいたい方の希望にも十分に答えることができるのです。

Copyright 2017 賃貸物件の経営の方法には二つあります All Rights Reserved.