近年、賃貸物件を借りる際に連帯保証人を立てれない人も増えてきまいた。そうした人が利用するのが家賃保証会社です。

賃貸物件の経営の方法には二つあります

賃貸生活と家賃保証会社の活用について

かつては住まいといえばみなマイホームに憧れていたものですが、時代の変化とともにそうしたこだわりは薄れ、気軽な賃貸暮らしの方が良いという人も増えてきました。賃貸ならひとつの土地に縛られることもなく、自分の生活の変化に合わせて好きな時に好きな場所の好みの住まいに移り変わることができるからです。ところが、そうしたライフスタイルにもひとつ問題があります。部屋を借りるには連帯保証人が必要だということです。近年血縁者の絆も薄れ、親が高齢な場合やすでに他界している場合は親族で保証人なってくれる者がいないというケースが増えています。かといって血のつながりがない人には、なかなか保証人は頼みづらいものです。そうした状況の中、その需要に応えるように誕生したのが家賃保証会社です。

家賃保証会社は、その会社に一定の金額を払うことで身内や知人の代わりに連帯保証人になってくれます。このことによって身よりのない者でも部屋を借りることが可能になりました。また、企業が保証人になってくれるということは貸主にとっても家賃踏み倒しのリスクが減るというメリットがあります。ただし、家賃保証会社も金さえ払えば誰にでも保証人になってくれるわけではありません。審査を行って一定の社会的信用のある者を対象に保証人となるわけです。例えば、過去に金融トラブルを起こした者は審査に通らない可能性が高いので将来引っ越しを考えている人はそうしたトラブルは起こさぬよう普段から気をつけた方がよいでしょう。

関連情報

Copyright 2017 賃貸物件の経営の方法には二つあります All Rights Reserved.